CONCEPT -商品コンセプト-

商品名の『スリムなでしこ』
という名称に込められた思い…

撫子の花言葉には、【女性の美】【いつも愛して欲しい】【快活】がございます。 当社がこの『スリムなでしこ』を開発・製造するにあたり手に取って頂いた皆様方には、 《心は強く清楚で美しい、愛すべき愛らしい日本女性》 になって頂きたく願いを込めてつけさせていただきました。 太古の昔より元来併せ持つ、日本人女性特有の美しさを引き出すお手伝いをさせて頂けたらと思っております。

PRODUCT SUMMARY -商品概要-

「酵素」を全く新しい方法で
取り入れる次世代型
グリーンスムージー

それが『スリムなでしこ』です。
本来熱に弱い「酵素」を活きたまま体内に取り入れ、体の中から「酵素」を作るという考えの元、多穀麹を「無菌製法」により、熱を加えずに麴以外の雑菌を殺菌するという方法をあえて取り、その結果、約50度以上で壊れ体内に届く頃には死活してしまうと言われている「酵素」の一番の問題点を解決いたしました。
加齢と共に減少してしまう「酵素」をしっかり補い、サポートすることで〈ダイエット〉や〈体内の巡り〉にダイレクトに働きかけられます。

定価 5,980円

「グルコマンナン」「サイリウム」「おからパウダー」「チアシード」「スレンデタ」で腹持ち感をしっかりともたせることにより、カロリー摂取過多を予防できるようにしました。
加えて〈置き換えダイエット〉で感じやすいイライラをお茶やツバキ、サザンカなどに含まれているアミノ酸の一種「テアニン」を採用することで、リラックス状態に導き上手に気分転換出来るようココロを整えます。
ダイエットで失われがちな美容・健康面での栄養補給には「新64野草発酵植物エキス(野菜果実海藻合計90種類)」、「タイガーナッツ」、「チアシード」でしっかりと補います。
国産大麦若葉で安心を、人工甘味料・着色料・保存料不使用で安全を、GMP安全規格で信頼を、シェーカー要らずで簡単を、その上リンゴ味で美味しい『スリムなでしこ』はあなたのキレイを完全サポートします。

RECOMMEND
-こんな人も勧めています-

西池 英里子 Eriko Nishiike
医療法人社団 同仁会診療所 理事長
クリニック ル・ギンザ 院長
美容皮膚科・美容内科 医師

アフターケアまで考えられた
素晴らしいグリーンスムージー

スリムなでしこには、「多穀麹」を無菌製法という特殊な製造方法で麹菌を生きたまま製麹されており、麹菌を体に取り込むことで酵素を体内から生成するという発想に着目したのが素晴らしいですね!
スムージーに良く使われる発酵エキスは野菜・果物・穀物主体な物が多いですが、スリムなでしこは野草を主体にしており、野草64種類、果実10種類、海藻2種類、野菜9種類、それらにオリゴ糖やハチミツを加えた合計約90種類の原料を使用し、じっくり発酵・熟成させた酵素エキスも配合されており、内側から「麹菌」により酵素生成と外側から「野草発酵エキス」で酵素を摂るというダブルの対策が斬新です。
その他に最近テレビでも話題の「タイガーナッツ」や「チアシード」などの栄養素の高いスーパーフードも採用しており、必須アミノ酸やオメガ3などの美容成分も配合されています。
おからパウダーやグルコマンナン、サイリウムなど水分によって何十倍にも膨らむ成分により、スムージーにしっかりとトロみがあるため腹持ち感をサポートしてくれます。
また置き換えダイエットでの感じやすいイライラに対してもリラックス状態に導いてくれるテアニンを配合しており、アフターケアまでしっかり考えていますね。
保存料、着色料、人工甘味料が使用されていないのも安心して長く飲み続けることができますね。


profile
大阪医科大学医学部卒。麻酔科医を経て、元日本美容外科学会会長医師の下で美容医療の基礎を学ぶ。都内の数カ所の美容クリニックで院長として勤務。2016年、医食同源をコンセプトにした新しい美容クリニック「Clinic Le GINZA」を銀座・数寄屋橋交差点に開業。

土屋 友美 Tomomi Tuschiya
資格:管理栄養士、社会福祉主事、
幼児食アドバイザー、上級救命救急講習認定資格

健康的なカラダ作りだけではなく
アンチエイジング・美肌効果に期待

この製品の一番の魅力は多穀麹が含まれており、健康的なからだ作りを目指す人にとって非常に魅力的な商品です。多穀麹とは、あわ・きび・ひえ・タカキビ・米・大麦・紫黒米などの多種類の雑穀を製麹した多穀麹です。麹は、主に蒸した米や麦、大豆などの穀類に麹菌を加えて繁殖させたもので、その麹菌の酵素が現代人の生活では不足しがちな様々なミネラルを麹菌の酵素よって効率良く摂取できるのです。その結果、健康的なからだ作りの垣根を越え、アンチエイジングや美肌効果もあるので、今後多穀麹は益々注目されるものとなることでしょう。


profile
管理栄養士で料理研究家。栄養学の大学院にて、修士号を取得。人は食べ物から作られており、胎児期からの栄養はその後の人の一生に影響を与えること、栄養素が遺伝子の調節にも関与するということに衝撃を受け、栄養学の勉強を続ける。大学院卒業後、教育機関、保健機関、企業等でライフステージを通した人を対象とした栄養調査、効果的な栄養教育や食育、おいしさの科学について研究を続ける。毎年学会でも研究発表を行っている。効果的に栄養素を摂取できる調理法についても日々勉強を重ねている。企業にて、子どもへのお料理講師も行っている。妊活レシピや0歳からの食育を推奨し、雑誌、サイトなどでも取り上げられている。